施設利用定員の制限緩和について(9月18日更新)

江東区の方針に基づき、9月19日より施設利用時における利用定員数の制限を以下のとおり緩和いたします。

 

利用定員数について

(1)利用定員数の制限が緩和となる活動
会議、講演、オーケストラ練習等は、各施設の通常定員数まで入場可能となります。なお、利用時は『大声を出さず、着席しての活動』が前提となります。
※通常定員数の一覧はこちら

 

(2)利用定員数の制限が継続となる活動
運動、ダンス、レクリエーション、太鼓、歌唱を含む音楽活動等は、利用定員数の制限(定員の50%以下の利用)を継続します。
なお、利用にあたっては対人距離(2m)を確保できる活動内容のみを対象とし、体が触れ合うような活動は不可となります。

 

※利用定員数の上限は下表のとおりです

施 設 名 利用定員数
(収容定員の50%)
施 設 名 利用定員数
(収容定員の50%)
レクホール 130名 セミナールームA 13名
多目的ルームA 30名 セミナールームB 18名
多目的ルームB 30名 音楽スタジオ 10名
多目的ルームC 15名

 

利用にあたっての注意事項

(1)セミナールームの利用制限
会議や着席しての活動を前提とし、運動や歌唱を含む音楽活動の利用は不可となります。
※セミナールームBでの調理活動は可能となっていますが、対面での食事や飲食中の会話は控える等、新型コロナウイルス感染症対策へのご協力をお願いします。

 

(2)ライブ活動の利用制限
すべての施設を対象とし、聴衆への披露を伴う演奏、ライブ活動等は禁止とします。

 

(3)マスク着用と検温
館内ではマスク着用を厳守とします。また、利用者は利用前に検温し、発熱がないことを施設利用の条件とさせていただきます。(37.5℃以上の発熱や体調不良の方は利用をお控えください。

 

PAGE TOP